女性の加齢臭対策の一番のポイント

加齢臭だけでなく体臭を増強させるアルコールについて。アルコールは、もともと体臭を増強する作用を持っているので、アルコールを飲むことで体臭も臭くなってしまうのです。大酒飲みの女性は、ある意味、体臭を放ちやすい身体に。

女性の加齢臭対策の一番のポイント > 加齢臭(体臭)とアルコールの関係

加齢臭だけでなく体臭を増強させるアルコールについて。アルコールは、もともと体臭を増強する作用を持っているので、アルコールを飲むことで体臭も臭くなってしまうのです。大酒飲みの女性は、ある意味、体臭を放ちやすい身体に。

体臭を増強させるアルコール

アルコールをたくさん飲むと、どんどん口臭が臭くなっていきます。 でも、臭くなるのは口臭だけではありません。 アルコールは、もともと体臭を増強する作用を持っているので、アルコールを飲むことで体臭も臭くなってしまうのです。 また、アルコールには人間の嗅覚を刺激する、という作用もあるため、周りの人は余計に臭いに敏感になります。 ですから、いくら隠そうとしてもアルコールを飲んだかどうかというのは、すぐにわかってしまうのですね。 飲酒運転の検問などではアルコールチェッカーを使います。 だから、アルコールを飲んでも、このチェッカーさえあればバレないなんて勘違いをしてしまう方も多いようです。 アルコールチェッカーは、そもそもどれだけアルコールを飲んだのか、その濃度を調べるためのものです。 アルコールを飲んだかどうか、を判断するものではありません。 アルコールの臭いはもちろん、アルコールによって増強される体臭は独特のニオイがするので、周りにはすぐに分かってしまいます。

アルコールには加齢臭(体臭)増強作用がある

このアルコールによる体臭は、アセトアルデヒドという強いニオイ物質が発生するからです。 アセトアルデヒドは、尿からも排出されるのですが、呼気や汗からも排出されていきます。 だから、口臭が臭くなるのに加えて、アルコール臭という体臭になって臭ってしまうのです。 また、アルコールというのは、体臭増強作用だけではなく、発汗を促進するという作用もあります。 アルコールを飲むと血管が拡張されますし、アルコールが体温調節を行っている器官の中枢に働きかけて、汗腺の活動を活性化させます。 そのため、気温や体温に関わらず、アルコールを飲んでいると暑くなってきたり、排出される汗の量が多くなってしまうのです。 そして、アルコールによって出る汗には、アセトアルデヒドが大量に含まれているので、普段体臭がない人でも体臭が発生します。 このように、体臭とアルコールは密接な関係があるので、体臭をひどくしないためには、飲みすぎに気を付けなくてはいけないのです。