女性の加齢臭対策の一番のポイント

体から出る臭いというのは、どこから臭うものであっても、肌に必ずある常在菌が関わっています。足、ワキ、首、耳の裏、背中など加齢臭の溜まり場は常在菌の栄養となる汗や古い角質の量が多い部分です。強烈な臭いを取り去るには。

女性の加齢臭対策の一番のポイント > 加齢臭と足の臭いの消臭

体から出る臭いというのは、どこから臭うものであっても、肌に必ずある常在菌が関わっています。足、ワキ、首、耳の裏、背中など加齢臭の溜まり場は常在菌の栄養となる汗や古い角質の量が多い部分です。強烈な臭いを取り去るには。

加齢臭と足の裏の臭いと常在菌

体から出る臭いというのは、どこから臭うものであっても、肌に必ずある常在菌が関わっています。 この常在菌の量の多さによって、臭いの強さや臭さというのに違いがあるのです。 また、常在菌の餌となる、汗や古い角質の量が多いか少ないかということも、臭いの強度に関係しています。 だから、体の部位によって、臭いがひどいところと、そうでもないところがあるのですね。 体の中で、一番臭いやすい部分と言えば、足というのが定番ですね。 特に足の裏には、1平方cmあたり、なんと20万個以上の常在菌が住み着いていると言われています。 ちなみに、顔には約1000個、頭皮でも約1万個ですから、足の裏に住んでいる常在菌がどれだけ多いかということが分かるでしょう。 しかも、常在菌は、汗や古い角質など餌が豊富だと、どんどん増殖していくので、実際の数はもっと多いと考えられています。 そして、この常在菌がイソ吉草酸という臭い物質を作り出すのですが、これが足の臭いの元となっているのです。

足の裏が臭いやすい原因

足の裏というのは、常に地面や床、スリッパや靴などにくっついているので、通気性が悪く、ブーツなどを履いていると特に蒸れやすくなってしまいます。 とにかく、足の裏は密閉された状態でいることが多く、そのため湿度も高くなります。 じめじめして蒸れている「高温多湿」という環境は、普通なら病気になってしまいますが、常在菌にとっては最高の環境です。 さらに、足のかかとなどには、常在菌の大好物である角質がたくさんあります。 特に、かかとはターンオーバーをしないので、お手入れをしないと角質がどんどん溜まっていくため、常在菌にとっては餌の宝庫となってしまいます。また、足の指などは汗が分泌されやすいので、常在菌は常に繁殖しやすい状態で暮らしているのです。 そして、大量に繁殖した常在菌から、大量のイソ吉草酸が作られて、そこから強烈な臭いが発生してしまいます。 これが、足の裏が臭いやすい一番の理由と言えるでしょう。足の裏のケアにも消臭効果の高い炭や柿渋が効果的なので、足の裏の消臭に最適ですし、ボディケアにも使えます。足の裏と同じように加齢臭に困っている方は、柿渋の加齢臭に対しての効果を見てみて、自分の肌室は肌の状態に合わせてグッズを選んでみるとよいでしょう。