女性の加齢臭対策の一番のポイント

加齢臭の臭いの元はご存知ノネナール。このノネナール発生の原因は皮脂などの酸化です。また酸化によって活性酸素が増えると老化の原因に。つまりは活性酸素の抑制が加齢臭の抑止に。では活性酸素の抑制方法とは。

女性の加齢臭対策の一番のポイント > 加齢臭と活性酸素の関係

加齢臭の臭いの元はご存知ノネナール。このノネナール発生の原因は皮脂などの酸化です。また酸化によって活性酸素が増えると老化の原因に。つまりは活性酸素の抑制が加齢臭の抑止に。では活性酸素の抑制方法とは。

活性酸素と加齢臭の関係

活性酸素と加齢臭にはどんな関係があるのでしょうか? 加齢臭の臭いの元になっているのはノネナールと言う成分です。 このノネナールを作ってしまう原因は皮脂などが酸化してしまうことだとされており、酸化した脂質である過酸化脂質は活性酸素が増えることで増加するとも言われています。 活性酸素とは老化の原因物質であるなどとされており、様々な面で嫌われているものだと言えますが、実は人体にとって良い働きをすることもあるのです。 身体にとって良い働きと言うのは、体内に侵入してきた細菌などに対して攻撃してくれるといった作用です。 いわゆる免疫機能の手助けをしてくれるのですが、活性酸素が増えすぎてしまうことによって、老化や生活習慣病、ガンなどを引き起こしてしまうともされています。 体内で活性酸素を増やしてしまう要因としては、ストレスを沢山受けている時、スポーツなどで多くの酸素を消費した時、煙草を吸った時などのようなことをあげることが出来ます。 ただ、体内から活性酸素をすべて無くしてしまうというのは不可能なことでもあります。 呼吸をするだけで数%の活性酸素が生まれてしまうからです。また活性酸素自体を発生させないためにはビタミンCは加齢臭に効果あると言われています。

加齢臭を促進させる活性酸素に良い食品や栄養素

活性酸素が加齢臭を促進させてしまうと言うのは先にも書いた通りですが、加齢臭対策の為にも出来るだけ活性酸素を抑えるようにしていくと良いでしょう。 活性酸素を抑えるには食事を変えていくと良いと言われており、特に抗酸化能力に優れた食品を取るようにすると良いと言われています。 抗酸化能力に優れた成分としてはビタミンCやビタミンEがありますが、最近では海老やカニなどの海産物に含まれているアスタキサンチンが有効だとされています。 ただビタミンCに関しては、水に溶けやすく熱にも弱いといった特徴があるので、ビタミンCの摂取を目的にするのであれば、生の果物を食べるようにしておくと良いですね。 イチゴ、レモン、ブルーベリーなどが代表的な果物です。 野菜では緑黄色野菜のように色の強い野菜を摂るようにしていくと良いでしょう。 サラダを食べる時に気をつけたいのがドレッシングで、通常のドレッシングは脂質の塊ですので、ノンオイルのドレッシングを使ってサラダを食べるようにして下さい。