女性の加齢臭対策の一番のポイント

ほとんどの人が汗が多いと加齢臭や体臭がキツクなる思い込んでいます。が、それは単に汗のニオイです。体臭や加齢臭のニオイの元は過酸化脂質です。全く別物なので体臭や加齢臭の対策を間違えるとニオイはずっと消えません。効果的な消臭方法とは。

ほとんどの人が汗が多いと加齢臭や体臭がキツクなる思い込んでいます。が、それは単に汗のニオイです。体臭や加齢臭のニオイの元は過酸化脂質です。全く別物なので体臭や加齢臭の対策を間違えるとニオイはずっと消えません。効果的な消臭方法とは。

加齢臭と汗の量の関係

加齢臭と汗が沢山でることに関係はあるのでしょうか? 体臭と言いますと、汗がその原因であると考えている人も多いかもしれませんが、基本的に加齢臭の原因となるのは脂肪が酸化することによって発生する過酸化脂質であるとされています。このことを考えると、汗の量が増えてしまったとしても基本的にはあまり加齢臭とは関係ないと言えます。 ただし、汗の量が増えてしまうことで別の意味で体臭が発生してしまうことになります。汗と言っても、実は2種類の汗があり1つは一般的なサラサラとした汗のことで、こちらはいわゆる汗臭さといった臭いの元になります。 汗をかいてしまうことによって、皮膚の表面に存在する常在菌の活動が活性化することで汗臭さの原因となってしまいます。もう1つの汗としては、乳白色のネバネバした汗があります。 こちらの汗もまた常在菌によって分解されることになり、分解されることで特有の臭いを発することになります。 この特有の臭いが腋臭の原因であるとされています。やはり女性の加齢臭の場合には汗の量があまり関係がない面もあるので、男性の方は汗の量など関係している面があるからボディをしっかりケアしていきましょう。

女性の加齢臭とワキガ

特に女性の場合は、女性ホルモンが活発な時期にはあまり体臭がしません。 これは女性ホルモンの働きである汗の量を調節する機能によるもので、閉経が近くなってくると女性ホルモンの分泌が減少してしまうことから、更年期以降は体臭がきつくなってくると言われています。 基本的に汗の量と加齢臭に深い関係があるとは言えませんが、上述したように汗をかくことによって別の意味で体臭を発してしまいますので、加齢臭を含めて体臭を気にしている方はきちんとケアしておくようにしたいですね。 汗が原因となる体臭の1つにワキガがありますが、ワキガの対策としてもしっかりと身体を洗うようにしていきましょう。 特にワキガの場合ですと、汗をかいてしまった時にこまめに洋服をかえるようにしたり、タオルで汗を拭き取ってからデオドラント剤を利用するなどしていくと効果的です。 首筋なども臭いを発生しやすい場所ですので、耳の後ろ側も含めてタオルで汗を拭くなどしてケアをしていくと良いですね。